女にゃ女の都合もある

ハロー!プロジェクトのライトなファンのヘビーな語り

°C-ute「あったかい腕で包んで」の解釈

 

くもいです。

最近1人の寂しい夜のお供に聴いてる°C-uteちゃんの「あったかい腕で包んで」について、歌詞を改めて見ると、ん???となったので昨日色々と考えてました。

 

www.youtube.com

 

曲の主人公「私」ちゃん。と、その好きな人「君」くん。わたしの解釈だとこの曲のテーマは「私」視点の【不安】と【マンネリ】だと思いました。

 

まず【不安】なんですけど、不安と言っても割と漠然としてますね。てか初っ端に「形にはできないような不安」って言っちゃってるんでそゆことです。1番を通して見たらわかります。

 

夢の真ん中で口づけして

二人は永遠に

情熱で溶かされて

まったり朝を待つ

 

「夢の真ん中」は、眠る時に見る夢というより、この二人が一緒にいる【現在】のことかな思いました。真ん中ってのを最中に変えてみたらしっくりきませんか?おそらくこの二人の関係は別れてしまう将来も考えられないほど安定したものなんでしょうね。夢のような幸せな今を実感するためにあったかい腕に包まれたいと願い、明日もまた同じ朝が来ることを当たり前に思ってるみたいです。

 

今の関係に満足してて安定してるけど、見えない先にあるかもしれない終わりに漠然と【不安】を抱える「私」。

 

【不安】と言いながら【安心】してて、結局どっちなの??って感じなんですよね。

 

そもそも、全サビの最後、最後の最後に乞うように

 

bossa-novaで愛して

 

とあります。最初どういうこっちゃ?と思いました。二人でボサノヴァを聞きながらってこと???つんく♂神がボサノヴァ調の曲を作りたかったから歌詞に入れただけかな?と思ってました。

 

でも、ボサノヴァについて調べてみるとポルトガル語で「新しい傾向」とありました。

 

もうこれで一気に納得。

 

「私」は安心感もあって、満足もしてて、「君」のことも愛してるんだけど、安定してる故にスリルや刺激を求めてるのね。それを「bossa-novaで愛して」で表現してしまう神様が現代にいるなんてね、ほんとにこの時代に生まれて良かったです…

 

ここで、もうひとつのテーマ【マンネリ】がピタッとハマりました。

 

そしてもう1個、ずっと意味わかんないなって部分があって

 

愛の過去形には

 楽しい思い出の方が心にある

愛の進行形には

後悔する事がある

 

意味わからなくないですか?ここのパート…。というか、逆だと思いませんか?

 

後悔は過去にするものじゃないの?進行形じゃなんか変じゃない?過去の楽しい思い出のほうが心にあるのも、なんだか納得できなくて。だって、それじゃ今の方が楽しくないみたいな、ここまで語って来たところが全部ぶっ壊れた気分になりました。

 

まぁとにかく、Bメロはこう続きますね。

 

だれかに相談したなら

解決するなら

世の中 平和すぎてつまんないでしょ

 

結局、「私」の不安は他の誰かに言って解決しちゃったらおもしろくないって、さらに訳わけわからないですよね。不安じゃなかったのかよ?!情緒不安定!

 

この後ドカンときます。

 

ああ なんだか矛盾だらけだわ

 

なんだ〜自分で矛盾してるのわかってるのか…。この子、なんだかんだ不安な状況も楽しんでるのかな、不安要素も恋愛の醍醐味なんだろうな。

 

「なんだか矛盾だらけだわ」って、「だれかに相談したなら〜」のところだけにかかってると思ってたんですけど…これ、Aメロの「愛の過去形には〜」のところまでぜーーーんぶかかってるんじゃ…ってハッとしました。2番のAメロBメロは言ってることぐちゃぐちゃなのを「なんだか矛盾だらけだわ」でサビ前にパッと締めてるのか!!と感動しました。日本語下手でわかりづらいですね…。

 

こんなことをずっと考えたら寝坊して授業サボっちゃいました。

 

最後に、少し脱線するんですけどこのMIXが最高なんでぜひ聴いてみてください。

 

www.youtube.com

 

このMIXの中に「あったかい腕で包んで」も入ってるんですけど、流れた瞬間雰囲気がガラッッッと変わります。°C-uteちゃんの曲を全然知らないオカンの横でこのMIXを流してたときも、「この曲だけ全然雰囲気違うね」って言ってました。わたし自身、°C-uteちゃんの曲全部把握してる訳じゃないんですけど、こんな曲°C-uteちゃんの曲の中で他にありますか?もしあったらぜひ教えて欲しいです。もしないならつんく♂神も°C-uteちゃんへ楽曲提供するときに「新しい傾向」としてこの曲を作ったなら…と思うと胸が熱いです。

 

以上個人的意見でした。くもい。